Kさん 女性 (湿気・湿度過敏症)
施術回数:1回

症状:Kさんは浴室に入るとゼェゼェしたり咳が出て、まるで喘息のような症状で酷い時は吐いてしまっていたそうです。夜も苦しくて仰向けに寝ることができなかったため、大変苦しい思いをされていました。

 

予後:施術後数ヶ月経っても苦しくなることもなく快適に過ごせているようで良かったです。
Kさんの場合、過敏症の症状は「湿気・湿度」が原因で起こっていたため、1度の施術で終了しました。
このように本人が思ってもいなかったものが過敏症の原因になっていることがあります。


Yさん 男性 (喘息)(温度変化過敏症)
施術回数:2回

 

症状:Yさんは来院された時点で毎晩ぜんそくの発作が出ていて、気管支拡張剤(サブタモール系)を吸引している状態でした。
寝ている時でも発作がおこり、呼吸がしづらく大変苦しい思いをされていました。

 

予後:1回目の施術後3日目に発作の前兆があったものの、発作にはならなかったとのこと。今まで発作が起こりそうになっても発作が落ち着くことはなかったので、本人も驚かれたようです。その後、1週間後には発作が起こることもなく喜ばれていました。
しかし、2ヶ月後に前ほどではないが、発作が少し起きるとのことで2回目の施術。
2回目の治療後は全く発作も起きず薬もいらなくなり安心して眠れるようになったようです。
Yさんの場合は2つの過敏症が原因で喘息が起こっていたと考えられます。1度目の施術で発作の症状が8割減り、たまに出ていた2割の症状が2度目の施術で消えました。
症状が同じような人でも、人によって過敏症の原因も過敏症の数も違うため、施術回数は人により異なります。


Aさん 女性 (原因不明のめまい・ふらつき)
施術回数:4回

 

症状:Aさんは以前にメニエールと診断され、以降はメニエールの後遺症でフラつきや目眩が起きていたと思っていたようです。
症状は、夕方、雨が降る前、夜外へ出ようとするとフラつきがあったとのことでした。また、季節の変わり目にも体調を崩していたようです。
Aさん自身は睡眠時間もシッカリ取っているのに眠すぎてクラクラしたり、疲れやすさも感じていました。また、耳鼻科で処方された目眩の薬を目眩がひどい時には服用していたそうです。

 

 

予後:Aさんの場合は、フラつきの原因物質が4種類ほどありましたので、1度目よりも2度目、2度目より3度目と徐々に症状が軽くなっていったようで、4回目の施術をしてからはフラつきもなくなり生活しやすくなったそうです。

 

Aさんは4回目の施術が終わった後は、別の項目を施術していましたので、詳しく予後を聞くことができましたが、もう特にフラつきなど気になることもなくなったそうです。
Aさんのように1つの症状でも何種類かが重なって症状が起きていることもあります。
メニエールの後遺症ではなく、過敏症だったためアラテックの効果を存分に発揮できました!良かったです。