施術できないもの

 

・アナフィラキシー
アナフィラキシーの原因物質に対しては施術いたしません。

アナフィラキシーとは?
少しでも接触したり、摂取すると呼吸困難に陥ったり、命を落とすこともある危険な症状です。
一般的なアレルギーよりも症状は重く、血圧が下がりショックを起こすことをアナフィラキシーショックといいます。
この他症状としては、蕁麻疹・めまい・意識障害などがあげられます。

 

・食物不耐症
酵素欠乏による症状に対して施術をしても効果はありません。

食物不耐症とは?
酵素欠乏による症状で、よくある症状が乳糖不耐症です。
ラクターゼ不足によって起こる乳糖不耐症は乳に含まれる乳糖を消化できない為、下痢や腹痛の症状を起こします。

 

・菌やウイルス
菌やウイルスに感染して起こる症状に対して施術しても効果はありません。

 

・妊娠中・産後(月経が戻るまで)の方

妊娠中の方や産後すぐの方はホルモンバランスが安定していない為、症状が再発する可能性が通常より高まります。妊娠中でも産後すぐの方でも安心して受けられる療法ですが、施術するかの判断はご相談させていただきます。