アレルギーとは?

アレルギーとは、体内にアレルゲン(原因物質)(抗原)が侵入すると形質細胞がIgE抗体を作り出します。形質細胞が作り出したIgE抗体は皮膚や粘膜にあるマスト細胞にくっつき、次のアレルゲンの侵入を待ちます。(この状態ではまだアレルギー症状は出ません)そして、次にアレルゲンが侵入してきた時にマスト細胞にくっついていたIgE抗体と反応するとアレルギー症状を引き起こします。

このように自分にとって害であると身体が判断したアレルゲン(原因物質)を排除しようと攻撃する仕組みを免疫と呼びます。医療機関でアレルギー検査をする時には血中にあるIgE抗体の値を調べIgE抗体の値が高ければアレルギーの可能性があると診断されます。
しかし、数値が高くてもアレルギー症状が出ない人もいれば、数値が低くてもアレルギー症状が強く出る人もいます。

それはなぜなのか???

実は免疫が関与している真のアレルギーを持つ人は、わずか2%未満にすぎません。それ以外のアレルギー症状を持っている人は、真のアレルギーではなく、過敏症にあたります。
2%以外の多くの人は免疫とは関係なく症状が出るため、血液検査でIgE抗体の値が低くても症状が強く出る人がいるのです。その逆で、IgE抗体の値が高くても症状が強く出ない人がいるのも、免疫系のアレルギーではなく、免疫とは関係ない過敏症なのです。


過敏症とは?

過敏症とは簡単にいってしまうと、本来は無害であるものに対して身体が誤って有害であると認識してしまい身体がエラー反応を起こして様々な症状を出してしまうことを言います。

花粉症や猫アレルギーなどの一般的に言われているアレルギーの多くは過敏症で症状が出ている人がほとんどです。

この他にも

・気象病

台風の前など、天気の変化で体調が悪くなる症状。気圧が原因で起こっている症状(気圧の変化・温度の変化・季節の変わり目・日光)

 

・電磁波過敏症

電磁波で気分が悪くなる(パニック障害)などの電子機器による症状(PC、Wifi、TV)

 

・呼吸器症状

くしゃみ、鼻水、咳、黄砂、花粉、大気汚染など空気伝達物質による症状、喘息、ホコリ、ダニ、動物、化学物質

 

・皮膚症状

蕁麻疹、湿疹、痒み、日光、食物、アトピー性皮膚炎、化学物質による炎症、洗剤、肌荒れ、摩擦、金属

 

・頭痛/偏頭痛
食物、カフェイン、花粉、香水、気圧、季節の変化

 

・謎の疲労、頭痛、倦怠感、シックハウス症候群、過敏性腸症候群、逆流性食道炎など

 

※ただし、これらの症状が必ずしもアレルギー、過敏症とは限りません。